読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

自分で自分のおちんちんナメナメできるひとってどんくらいいるんでしょうか?あ、ナメナメってフェラチオのことです。

 

自分で自分のおちんちんナメナメできる人って最高じゃないですか?だって自分の気持ちいところなんで自分が一番わかってるじゃないですか?

 

最愛の彼女のフェラチオより、超売れっ子風俗嬢のフェラチオより気持ちいですよ。きっと。

 

実は僕も一度チャレンジしたことあるんですよね。ピンサロに通う金を少しでも浮かしたくて。

 

まあ、体が硬すぎて無理だったんですけどね。

 

もうピンサロ通いすぎて破産寸前ですよ。こっちは。

 

そういえば最近やってみたいことあるんですよ。なんだと思います?

 

障子ってあるじゃないですか?あれをギンギンに勃起したちんこで片っ端から思いっきり突き破りたいんですよね。

 

滅茶苦茶気持ちよさそうじゃないですか?

 

誰か一緒に勃起したチンポで障子突き破りツアーやりませんか?

 

誰も来てくれないなら一人で無断に人の家に押し入ってやります。

 

こんなこと書いたらまた読者数減るんだろうな。

 

 

 

 

 

 

jl

前から気になる女の子がいた。特段美人というわけでもないが色白でさっき出来上がったばかりのようなつるりとした耳と鮮やかなピンクのマニキュアが印象的な女の子だった。おそらく僕と同じ学科で講義を前のほうで一人で受けている姿をよく見かけてた。

今日たまたま僕が東京大学安田講堂前のベンチで本を読んでいる(僕が在学している東洋大学東京大学は徒歩15分くらいの距離なので何かといってしまう)とその子が僕の前を通り過ぎた。

突然のことなので驚いたが僕は気になりその子の後を付けた。僕は気になる子の後を付けるのがほとんど趣味といっても言いくらいなのだけどこれって別に変なことじゃないよね?その子は学生寮を通り過ぎ、医療棟を通り過ぎ大学書店に入った。

そして彼女は司法試験関連の本を熱心に読みふけったいた。まさか司法試験でも受けるのだろうか。確かに僕と彼女は法学部に所属しているが東洋はそこまで法律に力を入れいるわけではないし、偏差値もそんなに高くはない。到底受かるとは思えない。本人の努力次第ではあるけれど。

彼女はしばらく司法試験関連の本を読みふけっていたので僕も何か見てみようとあれこれ探してるうちに彼女はどこかへ行ってしまっていた。おそらく今日のことがきっかけで僕と彼女が親密になることなんてないだろう。現実なんてこんなものなのだ。ちゃんちゃん。

最近ブログをツイッターにシェアしていない。僕のTwitterのアカウントはブログアカウントでもなく普通の個人アカウント(呼び方あってる?)なので昔からの友人知人も僕のブログも存在も知っている。そんなプライベート情報はダダ漏れのアカウントに書いたブログを鬼のようにシェアしていたのは少しでも俺の活動を知って欲しかったからだ。俺はこんな文章を書ける。だから認めてくれと。そんな思いでひたすら下ネタ満載のブログをシェアしていた。でも今は他人からの承認なんか心底どうでも良くなった。まさに解脱した気分。俺は他人からの承認を求めるゲームを完全に降りた。他人からどう思われようが本当にどうでもいい。以前は自分の唯一人よりも上手くできることが文章(文章が本当にうまい人には到底かないません。同級生の中ではうまいほうだという意味です)だったから仕方なく他人よりも抜きんでたい気持ち一心で書いていた。

けど今は違う。純粋に文章をもっと書きたい。自分をもっと文章で表現したい。今なら桜木花道が最終的に晴子ではなくバスケに恋をした理由がわかる気がする。

つかれ

おこんばんわ。明日から月曜だね。みんな憂鬱かな?それとも楽しみ?俺は楽しみだよ!仲間や教授に会えるしね!大学生活っていう本当に限られた時間の中で精一杯楽しまなきゃね!

 

 

 

 

 

 

 

こういう感じの文章書く奴見てるとマジで吐き気がする。

 

まあ単純に嫉妬なんだけども。はは。学食でみんなでワイワイ食べるのとかマジでやってみたいわー。基本一人で飯食ってるしな俺。んでも、一人で飯食ってるって思われたくないからあらかじめメロンパンを小さく小さくちぎっておいて歩きながらパクパク食べてるしいかにも何も食べていませんよみたいな雰囲気を出すのがコツね。

 

ていうか話変わるけど大学図書館の受付の人がおばはんから若いお姉さんに変わってた!そんで市川紗椰に激似!

 

マジタイプだから!ど真ん中だから!ハーフ顔大好きだし!元カノ、ローラに似てっから!

 

その受付の人に顔を覚えて欲しくてわざわざ村上龍の「愛と幻想のファシズム」と「海の向こうで戦争が始まる」を借りた。

 

これで文学に明るい人間だと思ってもらえたことだろう。それにしても、ああいう綺麗な女の人と小説についてカフェとかで語り合いたいな~。

 

でも勘違いして欲しくないのは、読書が趣味の清楚な文学少女も大好きだけど夜な夜なクラブとかに繰り出しているゴリゴリのギャルも大好きだから。

 

ギャルはいいよー。彼女らはぶれない自分を持ってるからね。今までギャルと付き合ったことはないけども。だから今年は是非作りたいね。ゴリゴリのギャルの彼女。

 

fg

俺は本当はブログに下ネタなんか書きたくない。書きたくなんかないんです。俺のブログを読み返してみると九割九分五厘下ネタなんだけど、これじゃまるで俺は毎時毎秒エロいことを考えてるってオピニオンしてるようじゃないですか。

 

知的かつユーモア溢れるブログにしたかった。だのに俺には知識もないし笑いのセンスもないからただの下ネタ満載の便所の落書き以下のブログに成り下がってしまった。

 

でもこのブログを読んでくれている人に勘違いして欲しくないのは俺はエロいことばっかり考えているわけではないんです!本当なんです!信じてください!

 

世界から戦争伝染病がどうすれば無くなるかとか、俺は何をするためにこの世に生を受けたなのかなどの人として徳のの高いこともきちんと考えているんです!

 

それに僕以外の男だってエロいことを滅茶苦茶考えているはずなんです!ただかっこつけて隠してるだけなんです!

 

僕は素直なだけなんです!ありのままの自分をさらけ出してるだけなんです!

 

だから・・・・・・だから・・・・どうか女性の皆さん・・・・・・・お願いですから引かないでください・・・・・・

 

僕を蔑視の目で見ないでください・・・・・・・

 

お願いします・・・・・・(素っ裸でチンポを軽くしごきながら)

 

 

 

 

 

 

でd

コピーライター養成講座の無料体験講座に行ってきた。受けたのは俺と二十代中盤くらいの量産型のOLみたいな奴だけだった。広告の仕組みからコピーライターの仕事内容まで基礎的なことを教えてもらい課題を一つやった。課題は『家の前によく無断駐車する車があるのだが、それを止めさせるような立て看板の文言を考えろ』というもので、俺は《つぎ停めたら、末代まで恨みます》というのを考えた。我ながらなかなか面白いんじゃいの?と思っていたところに講師から帰ってきたリアクションは失笑だけだった。量産型のOLは《予約席》という文言を考えて講師から大絶賛を受けていた。俺としてもその文言は素晴らしいと思った。量産型とか言ってごめん。

 

まあ、何はともあれ面白ったし通うことを決めた。問題はやはり授業料だ。16万もの大金はおいそれと出せるもんじゃない。これ以上バイトも増やしたくはない。昨日は男娼をすると言ってしまったが撤回したい。母方のおばあちゃんから出してもらうことにしたからだ。年金暮らしの人間にたかるなんてこの腐れ外道が。犬畜生にも劣るわ。即刻死ね。

という声が上がってきそうだがしばし待って欲しい。俺のおばあちゃんは俺が高校生の時からお年玉をくれなくなっていた。普通なら大学生くらいまではくれるもんよね?だのに俺のおばあちゃんは高校生に入った途端ぴたりとお年玉もおこづかいもくれなくなっていた。

特段おばあちゃんが貧乏というわけだはない。むしろ金はけっこうあるはずだ。山も持っているし、家もなかなかでかい。だのに可愛い可愛い孫の俺にビタ一文くれないなんて到底許される所業ではない。よってQ.E.D 俺はおばあちゃんに授業料の何割かは負担してもらう権利があるといえる。

 

 

うぽって

10月からコピーライター養成講座に通おうと思っている。授業料は16万。いや学割で14万か。どちらにしろ大金には違いない。一応アルバイトはしているが微々たる収入だ。月に5万くらい。それもほとんど生活費に消える。しかしこれ以上アルバイトを増やすわけにはいかない。今、就活と授業でいっぱいいっぱいだ。バイトを増やしたら確実にどちらかに支障が出る。

夏休みにダブルワークするしないんさそうだが俺としては避けたい。そんなことをしていたら自分の時間が無くなるではないか。俺は今年の夏休みには太宰治全集を読破しようと思っている。あと彼女も欲しい。彼女と海に行きたい。海でエッチがしたい

 

学生生活最後の夏休みだもの。思う存分楽しみたいではないか。そう考えると短時間で大金を稼げる方法をいえばあれしかない。そう、男娼になるしかないだろう。男娼になり俺の処女を高値で買ってもらうほかあるまい。

 

ケツの穴を綺麗にしておかなくてはならない。間違ってもウ〇コなんかが付いているわけにはいなかいだろう。ホテル代込みで15万でどうだろうか。高いだろうか。こちらとしも後がないわけだからこの線は譲れない。