読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

日記

僕はバイト先をバックレたことがある。それも自宅付近、いや目と鼻の先のバイト先を。まさに脳内に小蠅が飛び回ってるとしか思えない愚かしい所業。必然的にバックレたバイト先の仲間と鉢合わせることが多々ある。これが非常にきつい。もちろん鉢合わせたところで話はしない。彼らとそこまで深く精神的にも物質的にも交流はなかった。それに向こうだって、僕がバックレたことなんてもうこれっぽちも興味がないだろうけどやっぱり精神的にきつい。なんというか自分だけ戦地から尻尾を巻いて逃げ出した脱走兵の気分。相手の顔をまともに見れない。引け目しか感じない。見かけたらすぐに逃げ出している。良い年こいた大人が一体なにをやっているのだと自分でも切実に思う。自宅付近の往来をキョロキョロとバックれたバイト先の人間がいないか確かめながら移動する生活にはほとほと嫌気がさしている。こんな思いをするくらいならばバックれるんじゃなかった。まじで時間を巻き戻したい。思えばなんやかんやで楽しかったし。仲良い子も多少はいたし。中国の留学生の女の子とかかなり仲良くなってたし。しかもその子、顔がぱるるに激似だったし。ぱるるよ?あのぱるる。AKBの島崎遥香。マジでタイプだし。ど真ん中にも程があるっつうの。ぱるるのためなら舌噛んで死ねるくらい好きだし。闇金ウシジマくんの江崎みたいに、あるいは耳とかも余裕で切り落とせるし。クローズZEROの滝谷みたいに。ごめん。嘘ついた。アブソリュート・嘘ついた。にわかです。にわかぱるるファンです。でもどうせバックれるならあの子に告ってとけば良かった。普通に可愛かったし。覆水盆に返らずとはまさにこのこと。でもホントに僕のこと好きオーラがプンプン出てたもん。ていうか完全に僕と喋ってる時、欲情してたよ。あの子。アソコが大洪水起こしてたと思うよ。完全に俺に抱かれたいと思ってたし。興奮した雌特有の臭い出してたからね。まあ下ネタはここまでにするとして。楽しいことより辛いことのほうが多かったしね。まずに同僚にとんでもない奴が多かった。まずホームをレスしてる人としか思えない臭いを終始発している人がいた。いわゆるアンモニア臭というかね。これがすごかった。実際お客さんからもクレームあったし。あの店員さん臭いんですけど!ってこんなクレームある?でもこれマジだから。ちなみにその臭い発してるその人、女性だから。頭真ん中くらいに五百円くらいのデッカいイボもあったし。妖怪かっつううの。お前はどこの妖怪だったつうの。まあとりあえず、僕が言いたいのはこれを見ているぱるる似の女の子がいたらマジで連絡を欲しい。ご飯行きたい。