読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

まるつう

今、僕まだ学生でスーパーの鮮魚コーナーでアルバイトしてるんですね。夕方から夜にかけての時間帯で主に掃除が業務内容なんですけど、この時間帯は社員さんも帰ってるし一人でもくもくと仕事できるんで精神的には結構楽ちんなんで気に入ってるんです。鮮魚コーナーはお客さんのほうからでも中でどんな作業しているか丸わかりの作りをしているんですよ。だからこっちからでもお客さんのことが丸わかりなんですね。

 

 

んで、今日もバイトだったんですけど死ぬほどだるかったんです。だってゴールデンウイーク中ずっと帰省してたんで、ほぼ一週間くらいバイトしてなかたったんですよ。そりゃだるいに決まってますよね。でも掃除ってかなり大事な作業なんですよ。特に僕の働いてる鮮魚部なんて魚っていう生ものを扱ってますからね。

 

 

僕の掃除の裁量次第で食中毒とか余裕で引き起こせますからね。包丁とかまな板洗わなかったりとかね。

 

んで、今日あまりにもだるかったんでもうめっさ短縮してやろうと思ったんですよ。

 

包丁も、まな板も、床も、掃除しないでいいよと。もう帰っちゃおうよと。僕の耳元で悪魔がささやきまくってたんですね。ちなみにこういった場合って普通はどっちかの耳には天使が悪魔のささやきとは逆の正しいことを言うのがセオリーじゃないですか?

 

僕の場合は両耳に悪魔がささやいてましたから。

これで僕がどのくらいさもしい人間がわかりますね?

 

 

けれどその刹那あるものが僕の眼球に飛び込んできたんです。

 

そう、それは巨乳いえ爆乳でした。

 

もう本当に爆乳としか言いようがないくらいのおっぱいの持ち主が現れたのす。多分Iカップくらいあるんじゃないかなあ。小玉スイカくらいあったもんな。

 

もう完全に手のひらから零れ落ちるレベルでした。恐らく学生時代のあだ名は乳牛とかミルタンクとかチチヤスに違いないレベルでした。

 

そして顔もブスではないけど美人というほどでもないというちょ~どええものでした。

 

それを見た瞬間に僕の頭からさぼって帰ろうという選択肢は木っ端みじんに消え去りました。もっと見たい。もっとあの牛乳女を見ていたい。その一心で作業をちょこちょこやりながらおっぱい女を視姦しまくりました。

 

僕に視姦されていることも知らずにじっくりと魚を選ぶ女。距離にして一メートルもありません。薄いガラスごしに僕にたまらなくいやらしい目で見られているのに全く気が付かずに魚を選んでる様はとてつもなく僕を興奮させました。

 

僕はこの女を今晩のおかずにすることにしました。ちなみにバイト先のスーパーで実際に食べるおかずも買ったので二重の意味で僕はおかずをバイト先でゲットしたのです。ははは。ラッキー。

 

 

 

 

あ、これがオチです。あしからず。