読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

う・な・ぎ

僕は友人の谷中と居酒屋で杯を交わしていた。すると谷中が唐突に切り出してきた。「時にお前さん、彼女とはどうなったんだい?」「彼女ってサキコのことかい?」「そうに決まってんだろう」僕にはサキコという恋人がいた。過去形で。「サキコとはもう別れたよ」「ほええ。お似合いのカップルだったのによ」「いやいや。あいつのメンヘラぶりに愛想が尽きたのよ」「メンヘラ?サキコちゃんがかい?」「そうだ」

 

サキコはメンヘラだった。つまりメンタルを病んでいた。それもかなり。「具体的にどんなことがあったんだい?」「そうさなあ。丑の日に近所のうなぎ屋に行ったときによ」「ほうほう」「二人で高級うな重を食ってたらさ。サキコの食い方が珍妙というか完全に常軌を逸してたのよ」「というと?」「サキコはうな重のうなぎを箸も使わずにチューチュー吸うんだよ」「うわあ。きちいなあ。なんかそれ世間一般とは違うタイプのメンヘラじゃねえか?」

 

事実サキコはうな重を吸っていた。僕はそれを見た瞬間サキコへの愛情が急速に冷めていくのを感じていた。「まあまだあるからよ話を聞けよ。そんでよ。ごはんも箸使わずに犬みてえにバウバウ食うんだよ」「あはははは。ただの食い方が汚ねえ女じゃねえか」「笑い事じゃねえよ。それだけじゃねんだよ」「すまんすまん。んで?」「そんでよ。いきなり顔をあげて、私とウナギどっちが好き?とか聞いてくるんだよ。だから比べるのがおかしくねえかって言ったらよ」「ふんふん」

 

「いきなりさっきまでチューチュー吸ってたうなぎをひっつかんで、それ使ってビンタよ」「やばすぎ」「挙句の果てに半狂乱で店の水槽に入ってる生きてるウナギを掴んで、頭から齧りだすしよ。こう暴れてるウナギを鷲掴みにしてだぜ?」「情緒不安定にも程があるだろ。生きてるウナギ齧るってどういう感情だよ」「だろ?生きてるウナギ頭から齧る女見たことがねえよ。店中も大パニックでよ。妖怪だ妖怪だってよ」「そんな女、この先見ることもねえだろうよ」

 

「最終的には生きてるウナギを俺の首に巻き付けて絞め殺そうしてくるしよ」「あはははっ。恋人殺そうとして凶器がウナギって。聞いたことがねえよっ」「んで、もう無理ってんで別れたわけよ」事実それが原因で僕とサキコは袂を分かつこととなった。「てことはお前さん、今フリーかい?」「おう」「女紹介してやろうか?」「頼むよ」「条件は?」「そうさなあ。うな重を箸で食う女かな?」「「あはははは」」こうして僕たちの宴はいつまでも続いた。