読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

ああ。喉が渇いた。

日記

雑踏を無軌道に歩いているとふと喉の渇きに襲われた。幸い目の前にコンビニがあったので僕は吸い込まれるように入店した。店に入ると他のコーナーにも目をくれず真っ先に飲み物コーナーに向かった。僕はただ喉の渇きを潤わせたいだけなんだ。見るからに味が濃そうなコンビニのお弁当や大量のお菓子やカップ麵、透明なビニール袋を掛けられ均一に並んだ雑誌などには今は一切興味がない。

 

飲み物コーナーに着くと、僕は今の喉の渇きに適している飲み物は何かを静かに考えた。清涼飲料は嫌いだ。あの気だるい甘さが堪らなく嫌なのだ。甘さを炭酸で中和させているつもりなのだろうが、僕に言わせればまだまだ死ぬほど甘ったるい。珈琲というのも今は好ましくはない。珈琲は味わうもので喉の渇きを癒すものではない。僕にとって珈琲は嗜好品なのだ。水という選択肢もあるが、水は家の水道水で散々飲んでいる。水に金を払うのは最も愚かな行為だと僕は個人的に思っている。なぜ海外モデルなどはこぞって割高な水などを買いたがるのだ。余程金に余裕があるのだろうか。

 

そうなると消去法的にお茶となる。特段お茶が好きといったわけだはないのだが、今の喉の渇きを潤すに最も適しているような気がする。僕は透明なケースの中から適当に一本のお茶を無造作に取り出し、会計のためにレジに向かった。レジには先客がいた。

 

丸々と肥えた中年の女が大量のお菓子を買い込んでいる。僕はやれやれと言いたいところだった。一体どれくらい待つことになるのだろう。僕はコンビニを出た後のことを考えた。時間はまだお昼過ぎ。今日という日は始まったばかりだ。新宿で買い物でもしようか。春物の服や靴を買ったほうが良い気がする。そんなことを考えていると僕の会計の番になった。

 

僕はなんていっても先ほどの客とは違い、お茶だけなのだ。店員も手間が省けてさぞ嬉しいだろう。そう思い店員の顔をちらりと見たが特段に表情に変化は感じることが出来なった。そりゃそうだ。彼らにとって客が何を買おうが興味の範疇には一切ないだろう。それは至極当たり前のことだ。それは今まで食べたパンの枚数を覚えていないことぐらい当たり前ことなのだ。

 

僕は手早く会計を終えコンビニを後にしとうとした。すると「ちょっとお客さん!!」と店員に呼び止められた。なぜなんだろう。金もおつりが出ないようにキチっと払ったはずだ。店員がお茶を差し出しながら「商品忘れてますよ」と呆れたような表情を浮かべながら言った。僕は自分の失態を恥じた。これじゃまるでサッカー選手がスパイクとユニフォームを試合に忘れるようなもんじゃないか。

 

僕はそそくさと店員からお茶を受け取り今度こそコンビニを後にした。すると後方から一人の女性が通り過ぎていった。コットンの短い長いスカートに、上は白いニットのセーターを着ている、ショートカットの真っ赤な口紅が特徴的な美しい顔立ちをした女だった。そして何よりとてもたわわに実った乳房をしていた。僕は大の巨乳好きなのだ。

 

まさかこんなところで巨乳に出会えるなんて。自分の幸運に感謝した。もし先ほどのコンビニでお茶を忘れなかったら、あの巨乳とも出会えなかったろう。人生には時として遠回りも必要なのかもしれない。