読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

kokoronokyori

僕は仲良くなれそうだと思った相手には一定の距離を置いて付き合うようにしている。これは僕なりの精一杯のフレンドリーシップだ。理由としては過去に親友と呼べる存在を何人も僕の不注意な発言や行動で激怒させてしまいケンカ別れしてしまったからだ。

 

この過ちからこの仲良くなれそうだと思った人とは一定の距離を測りながら付き合っていくという方法を取ることにした。これにより適度な緊張感を持ちつつ、親しき中にも礼儀ありを地で行くことができる。なあなあじゃないとても心地よい関係性が出来上がる。

 

ただこれには弊害も生じる。本気で腹を割って話し合えるところまでは関係性が発展しないということだ。例えば今自分が抱えている悩みなどは申し訳なくて相談することができない。ざっくばらんな話はできないと考えた方が良いだろう。この方法では親友は決してできないこともわかっている。

 

我ながら不器用だと思う。人間の友達が向いていないかもしれない。ペッパー君となら上手くいくかもしれない。