読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

ひぐらしのなく頃に.......................................................

徐々にリアリティーを持って留年がやってきた。

 

ちょっと前までは思念体というか霊魂的な感じで全く鮮明さを欠いていたけど、気づけば確かに実体を持ってしてヒタヒタと不気味な足音を響かせながら近づいてきやがる。

 

もしかると俺が気づいていないだけでもう既に俺の背後にいるのかもしれない。

 

そう考えると振り向くことができない。振り向いた瞬間にはジ・エンドだ。

 

というか何もかもテストいう点数のみで人の優劣を決める非人道的行為を行う大学のせいだ。

 

マジで怖い。留年。

 

今までは留年なんてもんは自分には全く関係がない。どっか遠くの街で起こる殺人事件とかアフガニスタンの戦争とかそれくらいの認識でしかなかった。

 

ネットとかでも留年したみたいな話を見る度にマジで耳から脳汁トロトロ溶け出してんじゃねーの?とか思ってたけど、どうやら一番溶け出してんのは俺のようだった。

 

親親戚、友達、内定先から卒業できて当たり前的な空気がプンプン匂ってくるけどもここでハッキリさせておきたい。

 

はっきり言って、普通の人が1.0だとしたら俺は0.2ぐらいしかないからね。

 

そりゃ俺だって大学入学当初はなぜか、根拠のない自信で2.5ぐらいはあると思っていたよ。

 

自分ならば何かを成し遂げることができる。孫正義も一目する日本の次世代のニューリーダーだという自負があったよ。

 

それが五月のゴールデンウィークにはすでに0,8ぐらいしかないかも?と思い始め、二年になるころには0.2に落ち着いたわけ。

 

だから留年してもしょうがなくない?

 

なあ、そう思わないかい?諸君?

 

留年したらどうなるんだろう。

 

きっと親・親戚は俺との血縁関係を抹消するために役所に駆け込むだろうし。

 

友達は弾丸のような速さで俺とのラインとかその他snsをブロックし、今後一切俺から連絡を取れないようにするだろうし。

 

内定先は採用にも何十万と金がかかっているわけだから、留年して卒業できない=就職できないだから斬り捨て御免と青竜刀でバッサリやられると思う。

 

多分あと一週間ぐらいしたら成績発表がなされ俺の運命が決定づけられると思う。

 

留年した暁には多分次の日には部屋で首吊りスーサイドしてるから、俺がプランプラン揺れてる下に広がるウンチオシッコは誰か綺麗に片づけてくれ!

 

数少ない遺産は全部やるから!!

 

急募!!!!死体清掃処理バイト!!!!

 

シャレにならねえ.....................................................................................................................................