読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

北斗の拳イチゴ味って何?イチゴ

日記

やほー藤田だよ。あの日が来るよ。あの日が。

 

女の子の日じゃねえから。確かに俺の中にはザイル系が好きな女子が住んでる疑惑はあるけども。

 

xデーが近いんだよ。俺にとっては首都直下型地震よりも怖いレベル。コンビニでエロ本買うときに店員が可愛い女子高生だった時よりも怖いレベル。

 

そう乞食輩出機関つまり大学のテストが近い。

 

そろそろテストの足音が近づいてきやがる。

 

第一おかしいだろうよ。こちとらお金払ってるんだぜ。お客様だろうがよ。

 

入学した時点で単位全部くれよ。心置きなくモラトリアムを享受させてくれよ。

 

こうやって同時画面でFC2でエロ動画見ながら駄文を書いている時すら刻一刻とテストという名の国家の犬にふさわしいかどうかの選別が近づいてくる。

 

頼むよ。見逃してくれ。このままアホ面ぶら下げてインターネットの大海を好きに泳がせてくれよ。

 

心なしか苦しい。酸素が足りない。

 

呼吸が激しくなる。動悸が止まらない。

 

苦しい。圧倒的四面楚歌。無理。単位取れない。

 

ちっぽけだよ。あんたら大学教員はちっぽけだ。なんで学力だけで俺たちの価値を決めようとするんだ。そんな一つの尺度だけでしかものを見れないなんてちっぽけすぎるぞ。

 

もっと他にもいろいろあるだろう。俺だって客引きの兄ちゃんとのソープの料金値引きバトルなら都内では俺の右に出る奴はいないと思うぞ。

 

俺だって本当はこんな無様な姿を晒したくはなかったよ。大学進学を機に上京した当初はそりゃ夢と希望で部屋が溢れかえる勢いだった。

 

高校の卒業文集にはビッグになるとかまじで恥ずかしいこと書いてたし(実話)

 

ビッグってなんだよ?お前は矢沢永吉か。死語じゃ死語。

 

あの時はタワーマンションで美女とワイン飲みながらエッチするもんだとばかり思っていた。

 

けど現実はどうだ。

 

ちっぽけな部屋でちっぽなブログにちっぽけなことを書いている。

 

ああああああああ!俺はいつ道を踏み外したんだ。

 

戻るぞ。可及的速やかに元のエリート街道まっしぐらだったころに俺は戻る。

 

高校時代の俺は何を隠そう神童と呼ばれていたことはみんな知ってるよな。

 

何をやらせても飛びぬけていたし、地元じゃマジで負け知らずだったぜ。

 

あの頃の俺に戻るからみんな楽しみ待っててくれよな!

 

話は変わるけど今年はおばあちゃんからお年玉もらえなかった。なぜだ。肩もみもしたのに、延々と繰り返されるおばちゃんの戦後史にも気持ちい相槌を打ったのになぜだ!

 

年金暮らしで大変なのはわかるけど、目にも入れても痛くない可愛い可愛い孫にお年玉の一つや二つあげてくもんが人情ってもんじゃない!?

 

とまあ、こんな感じなわけなんで誰か俺にお年玉ください。

 

22歳でお年玉ってやっぱまずいかな。でもまだまだ子供なんでしゅ。

 

彼女に対してもメールのやり取りとか常に赤ちゃん言葉なんでしゅ。

 

だからお年玉待ってます。かしこ