読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗体戦隊

クソ大学生の日々の日記

天国インザデッド

日記

僕は友人の安田の家のベッドの下で息を潜めていた。安田は不用心な奴でいつ何時でも部屋に鍵をかけない奴で、故に高度な技術が無くても誰でも侵入することが出来る。僕がわざわざ人の家のベッドの下に潜り込んでいる理由なんてものは一つしかない。悪戯だ。安田が安心しきっているところに僕が飛び出して心底驚かす作戦だ。僕が飛び出した時の安田のリアクションが今から楽しみで仕方がない。

 

30分程立ったのだろうか部屋の外から安田の声がする。どうやら誰かと一緒らしい。話し声からすると女らしい。まさか万年童貞キャラの安田が部屋に女を連れ込むなんて。僕はショックだった。と同時に腹が立ってきた。安田は周囲の人間を欺ていたのだ。偽りの童貞キャラを演じていたのだ。『俺が童貞を捨てる道程は果てしなく遠い』なんてギャグまで自分で言っていたのに。クソ。安田め。ビジネス童貞だったのか。仲間だと思っていたのに。実は僕は童貞だ。本物の童貞だ。僕も万年童貞キャラだった。

 

裏切られた気分だ。信頼していたユダに裏切られたキリストはこんな気分だったのだろうか。あいつは心の中では童貞の僕をバカにしていたに違いない。そんなことを考えていると二人が部屋に入ってきた。そしてまっすぐベッドに向かってきた。二人はベッドに座った。話を聞いているとどうやら二人は飲み会の帰りらしい。女が終電が無くなったから安田の部屋で始発まで過ごすらしい。

 

しかもどうやら安田の部屋に泊まるのはどうやら初めてではないらしい。クソ。やはり安田は童貞ではないな。突然「ユイちゃん。肩揉んであげよっか?」と安田が言い出した。どうやら女はユイというらしい。というか安田、お前なんだ見え透いたやり口は。どうせエロいことおっぱじめるつもりだろ。「え?いいの?おねがーい」とユイ。

 

このビッチが。ヤリ捨てられろ!「俺ってさー。けっこううまいっしょー?」「うん、最高~」「ここ?」「そこそこ~ああ~気持ちい~」「ユイちゃん、巨乳だから肩凝るよね~」「安田くんエッチだよ~」「うん。俺エッチだから」「キャー、ケダモノ~」「そうさ、俺はケダモノさ~!」いちいち古臭いやりとりしんじゃねえよ。腹立つわ。「おっぱいも凝ってるんじゃな~い?ほれほれ~」「ちょっと~だ~め」「ほれほれ~モミモミ~」「もうエッチ~」「うわ!やっぱりデカッデカすぎ!」「もう気にしてるんだから~」「いやいや、最高だって。こんなデカいの見たことないよ。ヤバいよ。俺もう。我慢できないかも」

 

マジかよ。ユイちゃんはそんなに巨乳だったのか。安田が羨ましすぎる。死ね。安田。俺と変われ。変わってくれないなら死ね。乳に圧迫されて死ね。乳死しろ。これは俺が作った造語だ。というかいつ出れば良いんだ。タイミングが分からん。いや構うものか。これ以上目の前で乳繰り合われてたまるか。腹立つわ。

 

よし、出よう。1・2・3で出よう。1・2・3。「安田ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」こう叫んで俺はベッドの下から飛び出した。見るとベッドの上には唖然とする安田と絶世の不美人がいた。豚のように平べったい鼻と黒豆のように小さい眼、ものすごいシャクレ顎、そして異様にデカい乳。安田、お前ってB選だったのか。めっちゃブスじゃねえか!女だったら誰でも良かったのか。いや乳がデカけりゃ誰でも良かったのか。安田!

 

「い、いや~。まあ蓼食う虫も好き好きっていうか、美の基準も千差万別だもんね~。いや良いと思うよ全然」なぜか変なこと言い出す僕。「ねえ。これってあたしバカにされてる?」とユイ。「そうだ!お前ユイちゃんをバカにすることは許さんぞ!これは人権問題だ!出るとこに出ても良いんだぞ!」と安田。

 

「と。とりあえずすみませんでした~!」と言い放って脱兎の如く僕は安田の部屋を後にした。部屋を後にして帰路に着く僕。空を見上げると満天の星が燦然と輝いていた。星を見ているとさっきまでざわざわとしていた心が落ち着いてきた。それにしてもユイちゃんはブスだけど巨乳だった。乳だけは本当に素晴らしかった。「今から戻って謝ったら3Pさせてくれるかな?」誰にともなくそう呟いた。

天国メイドイン

日記

上京して芸人を始めて早五年が過ぎた。芸人の活動は専ら月に一回の劇場のライブのみ。他の日はほぼコンビニの夜勤アルバイトという終わりの見えない下積みライフを送っていた。僕はコンビを組んでいて、相方は高校生の同級生。コンビ名はトィンクル。コンビ結成時に二人でお笑いで天下を獲ろうと誓い合った日がはるか遠い昔に感じた。はっきり言ってお笑いというものに嫌気が差していた。いや、お笑いは好きだ。お笑いの才能がこれっぽっちのない自分にほとほと嫌気が差していた。

さっき月一のライブが終わった。ライブはお客さんによる投票で毎回ネタのランキングが付けられる。僕らトィンクルは10組中7位だった。こんな売れてない若手ばかりのライブでもドンケツに近い番号しか取れないなんて恥じでしかない。才能がないのは火を見るより明らかだ。

今からライブに参加した芸人達で打ち上げだ。売れてない奴らばかりの掃きだめみたいな打ち上げに行く価値なんて何も見いだせなかったが、否応なく参加費4000千を幹事らしき芸人に徴収された。仕方なくライブ会場近くの打ち上げに使われる大衆居酒屋に向かった。着いたがまだ誰もいないの相方と二人で外で待つ。でしばらくすると続々と他の参加した芸人が集まり始めた。

大分揃ったので店に入り皆、席に着いた。ビールを人数分頼み、打ち上げが始まった。各々喋った。ライブのこと。お笑いのこと。生活のこと。女のこと。皆が楽しそうだった。「ビッグになろうぜ」「好きなことやれてて幸せだよなー」「彼女から金せびってきた」下らない会話。混ざる気にもならなかった。時間の無駄。無為。無意味。

「おい。お前楽しくないなら帰れよ!」参加していた芸人のYにふいに言われた。そんなに暗い顔をしていたのだろうか。「帰れっつってんだよ!お前みたいなのがいるとせっかくの飲み会が盛り下がるだろうよー!ランキングの順位も低いくせによ!才能ねえんだよお前!」ここまで言われると流石に腹が立ったてきた。

殴る。ボコボコにする。そう決心して僕は立ち上がった。「てめえ、殺すぞ」「あ?」「殺すっつったんだよ!」僕はそうYに向かって叫び、近くにあった灰皿を持ち飛びかかった。どよめく周り。止められる間もなく、僕は灰皿でYの頭部をぶん殴った。クジラの潮吹きのように勢いよくYの頭部から血が噴き出した。それでも僕は灰皿で殴り続けた。Yの頭を完全にかち割れば、何かが変わる。そんな気がした、そんな夜。

 

日記

僕は真夜中に近所の公園の桜の木の下に穴を掘っていた。非常に疲れる。汗がダラダラ出る。不愉快極まりない。ふざけるな。それにもし人に見られていたら狂人と思われるに違いない。しかし疲れる。クソ。ちょっと一休みするか。あそこのベンチに座ろう。やっと一息つける。ベンチに座ると猫がやってきた。人懐こい猫でしきりに頭をこすり付けてくる。可愛らしい。家で飼いたい。でも僕の住んでいるアパートはペット禁止だ。バレたら七めんどくさいこいことこの上ない。僕の住んでるアパートの大家である猜疑心が強そうな老婆に注意されると思うとムカムカする。クソ。なんだか無性に腹が立ってきた。先ほどの怒りがぶり返してくるようだ。僕が今、掘っている穴は恋人のサキコの死体を埋めるためのものだ。サキコと先刻口論になってトンカチで頭を思い切り殴ったらぽっくり死んでしまったのだ。そうだ。ベンチで休憩している場合ではない。部屋でサキコの死体から異臭が放たれる前に埋めなければ。死して尚も俺に手間を懸けさせるのか。サキコよ。ああ。死ね。早く死ね。サキコ。死ねよ。サキコ。いっそ俺が殺してやろうか。ああ。すでに死んでいたんだった。殺したのも俺か。ははは。ああ。めんどくさい。七めんどくさい。早くビールでも飲んで寝たいものだ。

 

追記

近所の公園の桜を見て、こんな話を書くって自分でもそうとう性根ねじ曲がってるなあと思います(笑)

 

親友の定義とは

日記

皆さんにとって親友ってなんですか?自分の素を見せられる人?楽しい時間を共有できる人?困ったときに助けてくれる人?僕にとっての親友とは《ケツ毛を剃ってくれる人》です。

 

僕は昔からケツ毛が異常に濃かったんです。常人ならお尻を広げてようやくケツ毛が確認できる程度の量だと思うんですね。でも僕の場合、常時視認できるんですね。ケツ毛が。だから銭湯とか行くのが恥ずかしくて恥ずかしくて。絶えずお尻を手ぬぐいで隠してたんです。もう完全に僕のお尻は狙わないでっていう自意識過剰の人ですよね。

 

でもやっぱり修学旅行とかは厳しいじゃないですか。ケツを手ぬぐいとかタオルで隠すのって。絶対イキッてる奴に剝ぎ取られると思うし。だからすごい修学旅行をビビッてたんですよ。そして当時最も仲が良かった級友Sにそのことを相談したら、俺がケツ毛を剃ってやるって言ってくれて。

 

僕の家のお風呂で、裸になって前かがみになって指でケツを広げるんですね。こうSにお尻を見せる感じで。それでSがシェービングフォームを丹念に塗りたくって、剃刀でジョリジョリ剃ってくれるんです。その光景をお風呂場にある全身を写す鏡で見たら、一生懸命やってくれてるSには申し訳ないんですけど地獄絵図だと思いましたよ。これどういう状況だと。俺は一体何をされているんだと。神よ俺が一体何をしたんだと。

 

結果的にはお尻がツルッツルッになってね。本当に気持ちが良かったです。銭湯にも気兼ねなく行けるようになったし。ようやく自分が社会に認められた気分になりましたよ。もちろん修学旅行も楽しむことができました。本当にSには感謝しています。その後も定期的にSには剃ってもらってましたしね。

 

元々Sとは仲が良かったんですけど、この一件を通じて親友というかもう家族みたいになりましたね。普通は剃ってくれないと思うんですよ。男のケツなんて触りたくないし。ましてやケツ毛なんて。それをやってくれたSには本当に感謝しかありません。皆さんにとって親友とはなんですか?

 

 

 

 

成長だよ

日記

頭の中にピロピロピン~ってよくあるRPGのレベルアップの時に流れる音が鳴り響くことありません?僕、自分でも予期せぬ成長を実感したとき時とかに頭の中にけっこうその音が鳴り響くんですよね。学生時代ずっと部活でサッカーやってたんですけど、たまに自分でもびっくりするくらいのスルーパスとかドリブルとかできちゃった時に鳴るんですよ。わあ!俺ってこんなプレーもできるようになったんだ!成長したな~!ピロピロピロピン~!って感じ。

直近だと、ヌケるAVの種類の幅が増えた時になりましたね。僕は基本的にむっちりした感じの女優さんの作品でしかヌかないんですね。もう本当のムチムチ一辺倒。学生時代のサッカーのプレーも僕ってけっこうスピードあったんで高速ドリブル一辺倒になりがちだぞって監督から注意されてたんです。性格的に一辺倒になりがちなんですかね。

けど最近ほっそりしたモデル体型の女優さんの作品でもヌくようになったんです。この時になりましたね。頭の中でピロピロピン~って。自分でも成長を実感しましたね。やっぱり守備範囲の広さって大事ですからね。ちなみにこのブログも下ネタ一辺倒になりがちですよね。そこは変えるつもりありませんけど。

 

親の大事。。。。

日記

自転車に乗っている3、4歳の女の子が信号が赤なのに飛び出そうとしたから横にいた父親らしき男がとっさに足を出して止めていた。前に進もうとしていたのにいきなり止められた女の子は首をガクンッと持っていかれてものすごく痛そうにしていた。さらに父親らしき男から「怪我したらどうすんんだ!」と怒鳴られて頭に思いっきり拳骨を食らっていた。しかしこれも親の愛情である。

 

僕の住んでいるアパート裏を住処にしている野良猫が二匹いる。柄が同じだから大きいほうが親で小さいほうが子猫っぽい。子猫のほうはまだ生後数か月って感じで小さくてとても可愛らしい。この前見ると親猫が子猫をベロベロ舐めまわしていた。子猫のほうはイヤイヤをしてしきりに逃げ出そうとしているが、押さえつけて力ずくで執拗に全身を舐めまわす親猫。しかしこれもブラッシングをまだできない子猫に対する親猫の愛情である。

 

僕はこれらの光景を見て思った。僕も「強め」の愛情を受けたいと。親の愛情ではなく強めの愛情ね。無理矢理全身舐められたり、思いっきり拳骨とかビンタをされたいと。礼金なら弾む。いや金に糸目はつけないから、誰か僕をいじめてください。(女性)あと一個だけお願いしても良いですか?できれば蝋燭とかたらして欲しい。あるいはムチでぶったたいて欲しい。それが嫌ならハイヒールで踏みつけてくれるだけでも良い。

はわわわわ

日記

僕って0か100しか無い人間なんですよね基本的に。何事も僕の中では0か100でしか挑めないんです。0のモチベーションか100のモチベーションのどっちか。もちろん自分でも不器用な人間だとは自覚してます。でも、もう今更変えられないですからね。生き方なんて。んだもんで通信簿も毎回1か5のどっちかしか無かったです。すごいできるか、全くできないかのどっちか。当然だよね。

でも悪いことばっかりでは無くて好きなものとかハマったものとかはとことんやるんで部活とかもハマりまくって結果的に部内で一番上手かったです。性格的にキャプテンとかは任されなかったですけど3年間エースでしたね。

ちなみにおしっこも0か100しか無いんですね。つまり全然したくないか、もう漏れる寸前かのどっちかしか無いんです。さっきまで全くしたくないのに、いきなり漏れる寸前までおしっこがしたくなるんです。だから結構な頻度で漏らしてるんですね。いろんなところで。

だから街中で「はわわわわわ~~」とか言いながら、赤ら顔で両の足をブルブル震わせながら足元に黄色い水たまり作ってる男がいたら高確率で僕だと思います。その時はどうぞよろしく。